Partner

家族以外で大切にしているPartner♪チワワとR1200RTに関するブログです♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

花撮影~♪

相変わらずネタが無いので先日、玄関に飾ってあった花の画像を♪

花の撮影は絞りやボケと露出によって印象が大きく変わってくるので
面白い♪


淡い色は出来るだけボカして撮影するのが良い感じかな?

sIMG_7815.jpg




色彩が濃い花は絞って花びらの質感を大切に(*^^)v

sIMG_7862.jpg





どの花にピントを合わせるかで画像の感じがガラっと変わって来るので
そこがまた面白い♪

sIMG_7840.jpg



花の撮影って一見、簡単そうだが奥が深い(^^ゞ
スポンサーサイト
  1. 2012/03/10(土) 23:11:41|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<水滴の中の撮影~ | ホーム | 水滴内の撮影~>>

コメント

こんばんは~!

↓接写リングの使い方…有り難うございました。
どんな時にどのレンズが良いのか~?????
良く分からずマゴマゴしながら、一眼レフに手を出しています。(でも重いですね~(^^;)

お花を撮影する時…淡い色は出来るだけボカして撮影する~な~るほど!
色彩が濃い花は絞って花びらの質感を大切に~
何んとなく分かっていても難しいですね~
頭の片隅に、此の言葉を置いて挑戦してみますね。
薔薇の花弁の質感が素敵ですね~(^-^
此れからは、薔薇が咲き始めるので~頑張ってみますね。
白い薔薇の花を撮影する時の注意点を教えて下さい。m(_ _)m
  1. 2012/03/12(月) 20:37:05 |
  2. URL |
  3. tomo #/vpVQlD.
  4. [ 編集]

Re: こんばんは~!

tomoさん こんばんは

接写リングを使う時は・・・
レンズをどう選ぶとかでは無くもっと近寄って大きく撮りたいとか
もっとボケを大きくしたい時に接写リングを付けます♪

私は300mmのレンズに接写リングを付けて花を撮影する時もあります(^^ゞ

白い花を撮影する時は野外で日光が当たっている時は
絶対に露出をマイナス方向にして下さい。
光の反射で白トビ(光ってしまう)を起こすと後から補正も
効きません。

室内ではあまり気にする事はありませんが直接、日光が当たる
様でしたらマイナス方向に設定します。

それと花撮りなら補正ソフトを使う事をお勧めします。
花の色と光源とカメラのメーカーによって花の色は
大きく変わってしまうので補正してあげた方が本来の
色に近ずく事が出来ますし柔らかくも硬くも出来ます(*^^)v

JPEGで撮影しているならSILKYPIX がお勧めです。
体験版が4種類ぐらい有りますので2~3ヶ月は無料で
お試しが出来ます(^^ゞ
  1. 2012/03/15(木) 22:01:12 |
  2. URL |
  3. ☆じゅん☆tomoさんへ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://junzi2266.blog7.fc2.com/tb.php/608-7e4e8a3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

jun爺

Author:jun爺
5?歳いまだ大人になれず・・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

チワワとバイク (11)
バレーボール (24)
チワワ (22)
バイク (71)
雑談 (41)
ツーリング (10)
カメラ (115)
バレーボールとカメラ (1)
チワワとカメラ (3)
バイクとカメラ (3)
美味しい物 (16)
カワセミ (65)
カワセミと花 (15)
花 (85)
カメラとカワセミ (3)
野鳥 (90)
カワセミと野鳥 (17)
野鳥と花 (11)
温泉と美味しい物 (4)
パソコン (7)
車 (0)
温泉 (4)
200系ハイエース (84)
散財 (2)
花と昆虫 (2)
バイクと野鳥 (3)
風景 (9)
ヤマセミ (1)
仕事 (2)
ゲーム (4)
LED (12)
アルファード10系 (9)
カメラ/ミラーレス (38)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。